サイト売買とM&Aの日々

サイト・メルマガ・ブログの売買・M&Aの場を提供する[サイトキャッチャー]運営者のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイトキャッチャー
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

奇譚集キター!

奇譚集 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
っちゅうことで、今読んでいる本は

村上春樹「東京奇譚集」

なのです。

ああ、久々の村上春樹。
う~、久々の短編集。

平日は、1日1冊ペースで読書――というか活字をドンブリに入れ、お湯をかけて一気にかき込む――をしている私、もしくはオイラではあるが、この本に限ってはゆっくり読むことにしました。

せっかくの大好物、がっついて食べちゃったら、もったいのうござんしょ?

そんなわけで、1日1話ペースで、舐めるように読んでます。


今回の短編集はちょっと違うなぁ~。

第1話「偶然の旅人」、いきなり春樹本人が出てきます。
おいおい、司馬遼太郎かいな?
登場人物と問答始めちゃわないか、ドキドキしながら読み進んでいくと……。

あれあれ? いつもの春樹節だ。

なんだろう、この感覚?

拍子抜けしたわけでもなければ、ガッカリしたわけでもない。
マンネリだとか、飽き飽きしたなんてこともない。

あえていうなら、安心したというところ。


やれやれ。人間は年と共に保守化していくものなんですね。
きっと「寅さん」を見るのを毎年楽しみにしていた、私らの両親の気持ちが分かっちゃうようになるんでしょうね。

とかとかなんとか、斜に構えてみて心のバランスをとろうとしてみる。少し傾いた方向へ。

なんだかんだいっても、今回の短編集はそうとう好みなので、ぬくぬく楽しんじゃうと思います。

やっぱりいつもの味は捨てられない。
スポンサーサイト
サイトキャッチャー
  1. 2005/10/10(月) 22:32:45|
  2. 天晴れブック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。